忍者ブログ
気まずい空気でキャッシング
[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

視力に問題がなくても装身目的で眼鏡を装用する者もいる。装身目的専用で視力矯正作用を持たない眼鏡を伊達眼鏡という。特にまぶしいわけでもないのにサングラスを用いるのも装身目的といえる。サングラスを掛けると眼球に入る光量が減るので、眩しさが減り瞳孔が開くことになる。UVカット性能が適切なレベルでない製品は紫外線をよけいに眼球に浴びてしまい、却って目を傷めることになるので注意が必要である。

レンズの改良においても外観の改善つまり厚みの低減には大きな努力が払われてきた。高価な高屈折レンズも、利点は外観の良さが主であり、光学性能ではむしろ劣ってさえいる。

一方で、眼鏡のイメージは様々である。マイナスイメージを抱く者もいる。曰くガリ勉イメージなどである。逆に東京ヤクルトスワローズ監督兼捕手の古田敦也は、ドラフト指名の際、阪神タイガースが眼鏡をかけたキャッチャーは不要として指名しなかったが、ヤクルト入団以来の選手として、また日本プロ野球選手会での活躍により、眼鏡をかけていることにより知的なイメージで捉えられ、眼鏡メーカーがスポンサーについていることも事実である(イワキの「アイメトリックス」を使用)。また一部では、「メガネ男子」及び「眼鏡っ娘」が流行しつつある。日本人は一般にサングラスを掛けると柄が悪く感じられる。 日本では眼鏡を着用した二枚目スターがいないこと(目が悪ければコンタクトレンズを装用する)を考えれば、あまり印象はよくないほうである。前述の「メガネ男子」「眼鏡ッ娘」が殊更に取り上げられるのはその反動といえよう。一方、韓国では男性に知性を求める傾向があるため、二枚目スターも眼鏡をかける。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


レーシック 医師選び

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(12/31)
(12/30)
(12/29)
(12/28)
(12/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索